カジノミールサービスの魂の味とその実行プロセスを体験する

0
450

ラスベガス ストリップのメガリゾートで軽い朝食をとるのにかかる金額はあなた次第だと思います。たとえば、ウィンのテラス・ポイント・カフェでハムとチーズのオムレツを頼むと18米ドルですが、オーリンズのカッパー・ウィスク・カフェでは10.99米ドル、シルバーセブンズではオムレツが3個セットで8.99米ドルです。

考えられる理由

メガリゾートは場合によっては2倍以上の料金を請求します。ではなぜそのようなことが可能なのか、第一におそらく最も明らかなのは単にそれができてしまうからということです。ホテルの宿泊客の多くはカジノや駐車場をウロウロするのではなく、車で外のレストランに行きたいと思っています。もしどこか行きつけがあるのであれば、それで数米ドルの節約になります。また部屋食にすることもでき、その場合滞在中に1度の支払で食事を賄うことができます。

第二に競争が理由として挙げられます。コーヒーショップ(とホテルやカジノにある他のレストラン)の食事代が高ければ高いほど、多くのプレイヤーは追加料金を払わなければならないように感じます。当然食べ物は工夫に富んだ商品であり、航空運賃や損失補填のような決まり切った出費ではありません。

朝食を1人分だけ食べるのに、2組のカップルが現金で支払うのと同じだけの高い値段を払うこともあります。それでもカジノホテル運営の損失を含め、最高級のプロモーションやフードサービスをしてもビュッフェは損失を出しがちです。

組合化されたレストランは食品および飲料の利益が50%占めるようになりましたが、これに対してそこに属さないホテルに関しては20%に留まりました。 

見落としがあったり、何か間違っていたらご指摘ください。サンファンのプラザにある11,500平方フィートのトレンディなカジノは、日の下で長い一日を過ごした後の夜の締めくくりに最高の場所です。それは初心者にとっても、ハイローラーにとっても同じことです。特にPikayoはTripAdvisorやYelpに書き込んでいる批評家にも人気の場所で、彼らは夜が来るのを楽しみにしています。ですので私たちもカジノを盛り上げるばかりでなく、手じまいとするよう声をかけることにしています。メニューには、ココナッツミルクとグアバのソースをかけた特大エビのポレンタ、マットと黒トリュフのスプレーをかけた大き目でおいしいフォアグラなどがあります

Comments are closed.